Longvida情報局

UCLA開発!ウコン由来、クルクミンの吸収性を大幅に向上した機能性食品素材「ロングヴィーダ」

  1. 特長

ロングヴィーダの特長

ロングヴィーダは、UCLA(米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校)、Sally A. Frautschy(サリー・フラウシー)博士の10年におよぶ研究により開発されました。
徹底した品質管理と豊富なエビデンスに裏付けられた、安心してお使いいただける機能性食品素材です。

成  分

総クルクミノイド ≧20%
          ※クルクミン ≧ 16% SLCP組成分 80% 特許製法配合によりクルクミンの吸収性UP! ※クルクミノイド95%含有ウコンエキスと比較して
クルクミノイドはポリフェノールの一種であり、クルクミンはその約70%を占める主要成分です。その他の構成要素として、デメトキシクルクミンやビスデメトキシクルクミンなどの化合物が存在します。ロングヴィーダは、上記3種の成分を総クルクミノイドとして規格しています。

推奨摂取量

400mg/日〜(ロングヴィーダとして)※臨床試験、文献情報基づき推奨摂取量を算出しております。文献:Cox et al. (2015)  Journal of Psychopharmacology、他

特  許

特許取得!(2013年)
2013年に、欧州(EP 1993365)と米国(USP 9192644)で特許を取得しました。
クルクミン吸収性の向上と、有用性への望ましい影響、それらを実現する製法技術について、権利化されています。